スポット面談サービス

スポット面談サービスは、企業様から多くのご要望があり、弊社では特に力を入れて行っております。

産業医契約・顧問医契約がない企業様からの、単発のご相談も承っております。
労務問題も絡み、慎重な対応が求められる復職面談
ストレスチェック高ストレス者面談
などを行う必要が生じたが、『地方拠点のため産業医がいない』、『既存の産業医では対応が困難』、『既存の産業医の意見に加え、セカンドオピニオンとして、客観的な立場の精神科専門医の意見が必要』などのケースにご利用ください。
特定社会保険労務士資格を持ち労務問題にも詳しい精神科専門医が、丁寧に対応させて頂きます。

面談の種類

過重労働面談,ストレスチェック後の高ストレス者面談,復職判定面談などあらゆる面談が可能です。

面談を行う場所

・御社訪問

産業医が御社を訪問し,従業員と面談を行います。

・弊社面談ルーム

従業員の方に弊社面談ルームまで来て頂き,面談を行います。ケースによっては、上司の方などのご同行をお願いする場合もあります。
面談ルーム 
・東京(銀座)
・大阪(北浜)
・名古屋(栄)

・WEB面談

全国対応、海外派遣労働者への対応も可能です。

 

 

企業様のお悩みと弊社サービスによる解決事例

お悩み①

全国に小規模事業場を展開しています。東京本社は50人を超えているので産業医がいますが,その他の事業場にはいません。地方では,過重労働があっても医師面談ができておらずコンプライアンス上問題があり,メンタル不調者が生じても主治医意見や本人希望のままに復職させているためすぐ再休職するケースが多く,困っています。
 
弊社のスポット面談をご利用頂ければ、対面・WEBで産業医面談を行うことができます。50人未満の事業場においても、50人以上の場合と同じく、企業は労働者に対して安全配慮義務を負っていますので、確実な対応が求められます。

 

お悩み②

現在,開業医の先生と産業医契約を結び,月に1回来社してもらっています。復職面談など臨時の面談が必要になった場合は,次の来社日まで待って面談をして頂いています。よって,長い場合は1カ月近く復職希望者には待ってもらう状況で不満も聞かれます。その間の賃金を請求されたらどう対応すれば良いのかの問題もあり悩んでいます。
 
開業医や病院勤務の先生は,あくまでそちらでの業務が本職ですので臨機応変に企業訪問できないのはある意味当然です。
弊社は産業医業務に特化しており,企業様の要望に応じた臨時の面談対応が可能ですので,弊社サービスの利用を是非一度ご検討下さい。なお,現在おられる産業医の先生に上乗せして,「顧問医サービス」や「スポット面談サービス」をご利用頂くことも可能です。
 

お悩み③

海外進出を加速させており,海外駐在員も増加しています。海外での生活は精神面のストレスも多く,メンタル不調者も時々発生しますが,現状ではうまく対応できていません。特に,メンタル不調が疑われる社員に対しどのように対応すれば良いのか悩んでいます。日本国内であれば,産業医に相談したり,心療内科への受診を勧めたりできるのですが…。
 
企業様が一番気にされるのは,メンタル不調が疑われる社員を日本へ引き上げさせた方が良いのか,それともまだ大丈夫なレベルなのかの判断でしょう。大企業であれば,本社の産業医を現地に派遣したり,現地の日本語ができる精神科へ受診させる場合もありますが,多くの場合はそうはいきません。弊社のWEB面談をご利用頂ければ,世界中どこであってもネット環境さえあれば精神科専門医でもある産業医が面談を行うことができ,適確な判断を提供いたします。
 
 
お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2019 アセッサ産業医パートナーズ株式会社 All Rights Reserved.